簡単にボトル交換できる話題のウォーターサーバー情報

banner

女性やお年寄りでも交換が簡単なウォーターサーバー

フレシャスのウォーターサーバーの一番のオススメポイントは、やはり水パックの交換が他社と比べて圧倒的に簡単にできるということです。一般的なウォーターサーバーの水タンクはガロンボトルと呼ばれる12L入りのものが使用されていますが、このボトルの重さはが約12kgになります。これを自分の方ぐらいのの位置まで持ち上げセットするというのは、女性やお年寄りには大変辛い作業です。

でも水がなくなったらタンクの交換をしないと、美味しい水を使用することができません。力持ちの同居人や力仕事をお願いできる知人がいればいいですが、そういう頼れる人がいない場合は本当に困ります。しかりフレシャスのウォーターサーバーで使用されるボトルサイズは、7.2Lという軽量パックであるので、女性でもお年寄りでも楽に取り付けることが可能です。そして使用後のボトルについても扱いがとても楽です。

というのも、ポリエチレンを使用した水パックは使用後小さくまとめることができ、家庭用不燃ごみとして捨てることができるのです。回収にきてもらう手間もかかりませんし、ペットボトルとして捨てるためにゴミとしてストックしておくスペースも必要ありません。ウォーターサーバーとして、水タンクの交換、使用後のタンクの処分方法、この2点においてフレシャス以上にユーザーのことを考えているウォーターサーバーはないと思います。さて肝心のお水はどうかというと、フレシャスが提供しているお水は「フレシャス富士」「フレシャス木曽」「フレシャス朝霧高原」の3種類です。

「フレシャス富士」は富士山の標高1000メートル地点で採水されるお水で、バナジウムを豊富に含んでいます。天然のミネラルをたっぷり含んだ軟水のお水は、赤ちゃんのミルク用としても最適で、しかも国際規格であるFSSC22000を取得しているので、安全性にこだわるママさんも納得できるのではないでしょう。また賞味期限は6カ月とお水を使い切るのに十分な期間が取られています。そして嬉しい機能として、フレッシュ機能というものがあります。

通常ウォーターサーバーのお湯は、サーバー内のタンクに一定量溜められ、使って減れば足される仕組みになっています。普段冷水側しか使わないのであれば、お湯タンクのお湯はいつまでも減ることはなく、いつ溜められたのか分からないお水が入っていることになります。しかしフレッシュ機能を使うと、お湯と水を循環させることができるため、一方だけに同じ水がずっと滞留するということがなくなります。

フレッシュ機能は夜間使用しない時間帯などに設定をすれば、眠っているうちにお湯と冷水を混ぜ合わせてくれるため、朝には新鮮な状態に保たれたお水やお湯を使用することができるわけです。このように使用する人のことを一番に考えたウォーターサーバーであり、また飲む水の品質や安全にもこだわったフレシャスのウォーターサーバーは、一番おすすめのウォーターサーバーなのです。

ウォーターサーバーを置くなら、富士桜命水! 緊急時にGOOD!

「毎日、ウォーターサーバーでおいしい水を飲みたい」。このように思っても、どのメーカーのウォーターサーバーがいいのか、ちょっと迷います。そこでオススメしたいのが、山梨県に本社(富士桜命水株式会社)を置く「富士桜命水」。なぜ、このウォーターサーバーがオススメなのか。

給水コック付きの容器!

ウォーターサーバーに設置する容器が、まず、いいのです。使いきりの清潔な容器である点はもちろんのこと、容器そのものに給水コックの付いている点がいいのです。日本は地震国で、現在、南海地震や東南海地震の発生も心配されています。そして、万一の日のために推奨されているのがさまざまな備蓄。その備蓄にはもちろん飲み水も含まれています。飲み水は、一日あたり、大人で約3?が必要だとか。

この「富士桜命水」があれば、もちろん安心です。特に、大地震などの緊急災害時にはライフラインは寸断され、停電となりますので、給水コックの付いているこの容器が、万一のときの飲み水として十分に機能するはずです。また、地震のときだけではありません。「富士桜命水」の容器なら、バーベキューなどのアウトドアに持って行っても十分に使い勝手がいいことでしょう。

安心安全な富士の天然水

「富士桜命水」の工場は、富士山北麓、標高1,000mの富士箱根伊豆国立公園の中にあります。富士山に降り注いだ雨や雪が玄武岩の地層をろ過装置として通りぬけ、30〜40年後にやっとたどり着いた地下150m。その過程で、ナトリウムやカシウム、バナジウム、シリカなどのミネラルを豊富な含む天然水となります。

「富士桜命水」は、この天然水で完成させたお水なのです。もちろん、水質管理は徹底しています。食品安全管理のための国際規格「ISO22000」を取得。工場内の水質検査だけではなく、定期的に第三者機関にも水質検査を依頼しています。だから、安心して飲むことができるのです。

機能性のあるウォーターサーバー

ウォーターサーバーはもちろん多機能です。まず、高温循環機能。定期的にタンク内の水を85℃の高温で循環させることで、雑菌の繁殖を抑制します。そして、冷水・温水とも2段階の温度調節が可能。また、スイッチ一つで省エネモードにもなります。省エネモードにすれば、電気代が月額800円程度と安くなるだけでなく、温水が65℃〜75℃となり、赤ちゃんのミルクを作るときの温度に最適。

もちろん、小さなお子様による誤作動を防止するチャイルドロック機能も搭載。サーバーは安心の日本製です。サーバーのサイズは、「高さ990mm×横幅290mm×奥行300mm」の床置きタイプと「高さ550mm×横幅320mm×奥行390mm」の卓上タイプの2種類。レンタル料はどちらも、月額667円(税別)。天然水は1セット(12?×2箱)が2,400円。これで安全安心なウォーターライフを送ることができるならば、コスパはOKです。

まず、一口味わってほしい「富士桜命水」

ウォーターサーバーを我が家にも置こうと考えているあなた。この「富士桜命水」は、富士山が育てた、ミネラルを豊富に含む天然水です。そして、容器は緊急時にも役立つ給水コック付き。日頃のウォーターライフとしてだけではなく、緊急時のお水としても「富士桜命水」をオススメします。また、天然水だけの利用もOK。まず、一口、この天然水を味わってみませんか。

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし
Copyright(c) 2014 簡単にボトル交換できる話題のウォーターサーバー情報 All Rights Reserved.